ワイルテニスアカデミー

バナーエリア

トップ > コーチングスタッフ

アカデミーディレクター マーク ワイル

アメリカ西海岸で唯一のインターナショナルボーディングアカデミーであるワイルテニスアカデミーの創設者、マークワイルは1997年6月に、ここオハイでテニスアカデミーを開き、カリフォルニアで唯一成功しているボーディングテニスアカデミーとなっています。

多くのトッププレイヤーがここワイルで育ちましたが、皆さんがご存じのプレイヤーと言えば、現在世界トップ10にも入るブルガリアのグレゴア デミートロフでしょう。

その他、世界ジュニアランキング2位のクセニーア ミレブカバ、またWTAランキング4位まで上り詰めたベラ ズボナレーバ、トップ30まで一気に上り詰めたセシール カラタンチーバ、世界トップ10だったロビー ジネプリなども在籍していました。

マークワイルの考えは非常にシンプルで、すべてのプレイヤーの成功を願うというものです。
プロを目指すプレイヤー、アメリカの大学を目指すプレイヤー、短期で有効なトレーニングを求めているプレイヤーなど、すべての方にマッチしたプログラムを提供し続けたいと願っています。

写真) マーク ワイルとズボナレーバ

アカデミーヘッドコーチ 尾崎 健

1990年、24歳の時にワシントン州オリンピアに渡米。
テニス&ゴルフのスポーツプログラムを運営するレーシーパシフィックカレッジにてテニス課のディレクターを3年務める。
その後、ブリスコ アイゼンドラース テニスアカデミーにてディレクターを9年務め、現在のワイルテニスアカデミーでヘッドコーチとして15年在籍、現在に至る

ワイルテニスアカデミーではトップジュニアで構成されている「チーム ハイパフォーマンス」を指揮し、多くのカリフォルニアトッププレイヤーおよびナショナルプレイヤーを輩出、カリフォルニアトップ15位の内、11名が担当のプレイヤーだった時期もある。

また世界ジュニア大会でも最高峰の1つと言われているオレンジボウル、エディーハーでは小さい時から直接指導しているプレイヤー達が6年連続ベスト4以上(優勝、優勝、優勝、準優勝、ベスト4、優勝)の戦績を残しており、この記録は日本人コーチでは1人だけ。

グレゴア デミートロフ(ATP最高シングルスランキング8位)、スティービー ジョンソン(ATP最高位21位)、アナ タティシビリ(WTA最高位51位)、セシール カラタンチーバ(WTA最高位35位)などの14歳以下までのジュニア時代に従事していた実績もある。

コーチングスタッフ

連絡先はこちら Email smash@takeshiozaki.com LINE ID ozakitakeshi1219

ページのトップへ戻る